純正サイドスタンド

 

通勤快速にメンバー登録して、初めてスペに手を加えたのがサイドスタンドでした。

当時はサイドスタンドと言えば純正 or ニシモトしかありませんでした。

(今はケイユンなるメーカーもあります。)

 

純正サイドスタンドは『傾斜角度が少ない!』『直立立ちだ!』『反対側へ倒れた!』etc...

あまり良い評価はありませんでした。

でも中には『傾斜角度は調度良かった!』とレポートされている方もいるから不思議です。

 

一方、ニシモトは通勤快速の管理人さんも装着されていましたが、傾斜角度は理想的なようです。

但し、アンダーカバーを少々カットする必要があるみたいです。(糸鋸付属)

運が悪いと溶接のビートが干渉する方もいるみたいです。

 

結局、自分が選んだのは純正サイドスタンドでした。理由は下記の通りです。

・純正で角度に不具合があっても GIVI35Lさんレポートの取付穴を長穴作戦でなんとかなりそう。

 

・純正はスペを購入したバイク屋で容易に購入可能、ニシモトは探さないと分からなかった。

・ニシモトは踏み倒すステーがー下に溶接されています。たたんだ時には後ろ側となり シートに座った状態で踏み倒しにくいと想像した。

 

@バイク屋で 値引き無しの4,095円で購入

 

Aピカピカです。

 

Bフロアサイドカバーを外して取り付けます。

 

C心配した通り 傾斜角度が不足しています。

 

Dこれではチョット不安です。

 

 

 

サイドスタンドがピカピカで、いかにも『サイドスタンド付けました!』と主張しているかのように感じたので

缶スプレーで、つや消し黒に塗装しました。

 

E取付穴をヤスリで長穴に加工

下側の穴を斜め上側に削っています。

F長穴にすると接地角度が変わり

かかとで接地するのでココも加工します。

Gついでに接地面をゴム底にしました。

 最近の画像なのでスリ減っています。

少し削っては傾斜角度を確認し好みの角度に設定しました。

 

H2年間の使用で塗装も剥がれちゃいました。

I再塗装してリフレッシュ 今度は つや有り黒

J取り付けはボルト 2本で簡単です。

 

 

 

K最近の画像ですが、加工前の角度

L加工後の角度

 

 

M加工前

 

N加工後

 

 

 

 

OBBSに投稿した画像です。

@    踏み倒すステーは足に当たらないの図

A    塗装が剥げているの図

B    サイドスタンドは飛び出さないの図

 

 

 

琵琶湖ツーリングの時、ポールウェラーさんのニシモト製サイドスタンドをはじめて見ました。

印象は接地面が大きくて なかなかgoodでした。詳しくは ここ でどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

ドレスアップ

next

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system