スペからタイヤを取外す

 

 

 

滑る滑ると評判の悪い スペの純正タイヤ(チェンシン)ですが

自分の場合は、それほど酷くはありませんでした。

雨の日にグレーチング(格子状の水路の蓋)の上を通れば車でも滑るので

そういった場合を除けば、約2年半、2万キロ走行の間で滑ったのは一度だけです。

滑ったと言ってもブレーキやコーナーではありません。

台風の向かい風の中、風に負けじとアクセルを開けていた時、リアタイヤが暴れました。

これは ひょっとしたらパワースライドってやつですか!?

スペにそんなパワーは無いので、やっぱりチェンシンは滑るんですね!

 

交換するタイヤは、ダンロップ D306です。

スペでは定番ですね!

ヤフオクにて送料込み4300円で、前後のタイヤをゲットしました。

落札したのは5月でしたが、2万キロを走破してから交換したかったので

約半年間、押入れで寝かせる事になりました。

 

さて問題は『どうやって交換するか!』です。

通勤快速BBSの情報では『ガソリンスタンドで1本/千円で交換』の書き込みもあり

これがベストだと思いしたが、通勤ルートにあるガソリンスタンドで聞いて回りましたが、

なかなかスクーターのタイヤ交換をしてくれる店はありませんでした。

ようやく1件見つけましたが、前後のタイヤをスペから取り外して持ち込む事が条件で

1本/千円だと言われました。

バイクSHOPに至っては同条件で1本/三千円だと言われました。

 

交換方法が決まらないまま、チェンシンで琵琶湖ツーリングに行きました。

その席で一番星さんとこんな話を...

一番星さん『タイヤまだ替えないの?』

黄色い弾丸『近々替える予定です。作業はプロに頼みます。』

一番星さん『な〜んだ。自分でやらないの!タイヤレバーなんって数百円だよ!自分でやりなよ〜』

黄色い弾丸『無理ですよ。プロに任せます。』

 

その場は、本当にプロに依頼するつもりでした。でも

何気にホームセンターに行った時、@585円で販売されているタイヤレバーが

目に飛び込んできました。

思わず2本買ってしまいました。

さあ もうやるしかありません。

バイクSHOPでビートクリーム 525円を購入。

最後まで見つからなかったのが10.12インチ用のリムプロテクターです。

SHOPで売られているのはバイク用の大きなリムプロテクターだけです。

4件ほど回りましたが、どのSHOPにも売ってないのでバイク用を 630円で購入。

これで必要と思われる道具は揃えました。

道具費用の合計は約2300円でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@第一日目はタイヤの取外し

まずはリアタイヤを外すために

邪魔なマフラーを取り外します。

 

Cたかがナット一つですが苦労しました。

インパクトがあれば楽なのにな〜

 

F次はフロントタイヤです。

 

 

A24mmのBOXでナットを外せば

タイヤが外れ〜ない。

タイヤごとクルクルから回り。

 

D外してビックリ

いきなりブレーキシューが露出しました。

 

GスピードメーターケーブルをギヤーBOXから

外します。+ドライバー1本

 

Bタイヤの下に板木を噛ませ、子供をシートに

座らせ力いっぱいリアブレーキを握らせる。

フルパワーで何とか緩める事ができました。

 

Eリアのホイールはドラムブレーキの

ドラムも兼ねていました。知らなかった。

 

Hケーブルを抜くと芯が飛び出してきました。

 

I19mmと14mmのBOXでナットを緩めます。

既にリアタイヤは無いのでセンタースタンドを

支点にしてフロントを持ち上げます。

倒れてこないように カミさんに保持を依頼!

フロントアクスルを抜くとホイールが外れます。

カミさんが怒るので作業はスピーディーに!

タイヤが無いのでフロントホークの下に

クッション材を敷いて接地させます。

 

JスピードメーターギヤーBOXとサイドカラーが

外れます。

最後にブレーキディスクを外して

作業完了です。6mmのレンチ

 

 

 

 

 

 

メンテナンス

next

 

 

 

 

inserted by FC2 system